サマースクール2012イン曽爾

 奈良教育大学理数教育研究センターでは、8月26日から29日までの4日間、県下山村部にある曽爾小中学校で「サマースクール 2012イン 曽爾」を開催しました。
このサマースクールは、曽爾村との包括連携協力協定に基づいて行われたもので、本学が推進する、優れた教育実践力を持つ理数科に強い教員の養成を目的とした理数教育プログラムに参加する学生や教員が、理科・数学(算数)実験を中心とした特別授業を行いました。小中学校では普段できない実験などを目の当たりにした児童・生徒は、驚きと感動を胸に授業に取り組んでいました。
また、曽爾中学校教員による指導の下での、本学学生による中学生への学力向上支援活動や、保護者との懇談会、親子で体験する実験なども実施しました。本学長友恒人学長、鷲山恭彦理事(大学評価・学位授与機構客員教授)も一部に特別参加。さらに今回は、新たに本学家庭科の教員・学生も参加し、家庭科の特徴を生かして地産地消、災害時炊き出しといった将来の地域の食活動の布石となる取組も行われました。
これらは、奈良教育大学及び曽爾村双方における教育・研究の充実につながる有意義な取組であり、連携協力事業として大きな成果をあげるものとなりました。  

過去のサマースクール イン 曽爾サマースクール2008イン曽爾サマースクール2009イン曽爾サマースクール2010イン曽爾サマースクール2011イン曽爾

開校式

開校式ではまず、曽爾中学校長からお言葉を頂き、引き続き新理数プログラム副代表、及び、ブース出展教員からの挨拶がありました。その後、曽爾中学校生徒代表、新理数2回生代表の挨拶の交換が行われました。こうして4日間のサマースクールがスタートしました。

  

  

交流会

新理数2回生が主体となって、曽爾中学校の生徒、教員、大学教員とで語り合ったり、ゲームをしたり、交流を深めました。

  

  

懇談会

曽爾中学校の校長先生、教頭先生、中学校の先生方全員と大学生との懇談会を行いました。3つのグループに分かれて、各先生から大学生へ向けて経験談や生徒との接し方についてアドバイスを頂き、その後、大学生からの質問に答えて頂きました。

  

  

学力向上支援 8月27日(月)・28日(火)・29日(水)

最初は、生徒も新理数生も少し緊張気味でしたが、たちまち仲良しになりました。マンツーマン対応で、学ぶこと・教えることの楽しさ・難しさを体験しました。

  

  

スナップショット