サイエンスセミナー2011

平成23年1月17日(月)に、奈良教育大学「新理数プロジェクト」と奈良市立一条高等学校数理科学科との連携事業「ものづくり現場体験実習」を行いました。

過去のサイエンスセミナー サイエンスセミナー2008サイエンスセミナー2009サイエンスセミナー2010

神戸製鋼加古川製鉄所(平成23年1月17日)

神戸製鋼加古川製鉄所は兵庫県加古川市にある製鉄所で、1970年に銑鋼一貫体制を確立し、現在では埋め立て地を用いて570万屬良瀉脇發婆5200人が働いている製鉄所です。製鉄所では各工場にて、厚鋼板・熱延鋼板・冷延鋼板・亜鉛めっき鋼板・線材・チタンが作られています。今回のサイエンスセミナーでは、従業員の方に鉄鉱石を鋼へと変える際の各作業の仕組みについて、説明していただき、その後、厚鋼板を作る過程である厚板工場・熱延工場と鉄鉱石を銑鉄へと変える過程で使用する高炉を見学しました。そして、高校生からの質問に答えていただきました。鉄がトイレットペーパーのように巻き取られていくところや、鉄が液体になっているところを見るだけでなく、熱や音、においを感じることもできました。理科の先生でも、実際に鉄の溶融を見たことのある人は少ないのではないかと思います。高校生と一緒に工場見学に行くことができ、教員を目指す者として、とても貴重な体験ができた一日でした。(新理数3回生)