平成17年度から平成19年度まで奈良教育大学で実施された教育改革プロジェクト「新世代を先導する理数科教員養成のための教育プログラムの開発」(略称:先導理数)では曽爾村との連携協力事業の一環として、「サマースクール イン 曽爾」を開催してきました。平成20年度より開始された新プロジェクト「地域の学校園及び保護者と取り組む新理数科教育システムの開発」(略称:新理数)で引き続き「サマースクール 2009 イン 曽爾」を開催しました。

サマースクール2009イン曽爾の詳細

       

       

       

       


理科1号棟前にて部分日食観測を行いました。天気が心配でしたが、太陽は日食が始まったころから見え隠れし、日食グラスで綺麗に見えました。曇り空では肉眼でも観測できました。(和田先生撮影)

       


なっきょんが、理数教育研究センターのオープン・サイエンス・ラボを訪問しました。先導理数生の山本君、堀江さんから理科実験の指導を受けました。内容は、静電気の実験、電磁誘導の実験、そして電子線ビームの実験です。静電気の実験では、数千ボルトの高電圧を発生するバンデグラフ装置に、最初は恐れおののいていたなっきょん。でも、センター長の応援もあって、次第に理科実験の楽しさがわかってきたようでした。

   

   

(左上)静電気の実験(右上)センター長が応援に(左下)電磁誘導の実験(右下)電子線ビームの実験


6月12日(金)に一条高等学校「課題研究」実習を実施しました。本プロジェクト教員の指導の下、7つのテーマに分かれて研究を行いました。

  • 光の干渉の実験
  • 雪の結晶形の研究
  • 科学史からたどる物理学
  • キノコを生やそう1・2
  • レゴロボットを作ろう!
  • 植物毒の探求

     

     

     


平成21年6月1日の日本教育新聞に「ネットに水生生物図鑑 顕微鏡に使い方や採取法も」という見出しで新理数プロジェクト教員である石田教授についての記事が掲載されました。小学校理科の5年に新しく登場した「水の中の小さな生き物」。石田教授らは学習をサポートしようと、小学生にも使えるように「水の中の小さな生き物ずかん」というサイトを開設し、インターネット上の「図鑑」として子ども達が興味を持って活用できるようにしました。ほかにも「昆虫と土の中の生き物図鑑」というサイトも公開しています。


« 1 ... 52 53 54 (55) 56 57 58 ... 62 »