平成29年9月14日(木)に奈良高校SSH関連の実験授業として、「SSP理科 奈良教育大学での実験研修への参加」を奈良高校SSP理科の生徒21名を対象に、石田正樹教授が実施しました。研修では、サイエンスライティングに関する授業を最初の1時間程行い、10分程度の休憩後に、ゾウリムシの生殖とそれに伴う核の形態変化に関する授業を30分程行いました。そして最後に、ゾウリムシにおける有性生殖過程や無性生殖過程の核の形態変化を蛍光顕微鏡観察により行いました。4人グループの5つの班に分かれて、3台の蛍光顕微鏡を順次交代で観察してもらいました。実験の内容としては、これまでに報告されている無性生殖過程の模式図を検証する実験ですが、核形態の違いを写真としてデータをとりながら、どのような順番でこのような変化が生じているのかを考えさせる授業です。あらかじめ石田教授が用意した写真を分類させながら、生徒が観察、スマートフォンのカメラ機能を利用してデータを取っていきます。この実験結果に関しては、1950年代に模式図が描かれており、一応の答えが存在しますが、現代の技術でこれを検証してみるという内容です。実際には、当時謎とされた核の形態変化を包含していますが、この謎の現象は、生徒が自主的にものを考えて考察をすすめれば、あるいは、追加の実験を加えれば、新しい発見につながる内容です。実験中は蛍光顕微鏡で青い蛍光をみて喜んでいる姿が印象的でした。授業が済んだ後に、実験室において、細胞培養法の指導を行い、研究課題である「音刺激に対するゾウリムシ行動の変化」に関して質問を受けました。ゾウリムシの音刺激に対する行動解析を行う際のヒントとして、細胞内電位の変化に伴う繊毛運動の変化について解説をし、刺激受容から予測される行動変化を学生間で議論するよう指導しました。非常に有意義な取り組みとなりました。

  

  


奈良教育大学理数教育研究センターでは、平成29年8月26日、27日の2日間、県下山村部にある曽爾小学校と中学校で「サマースクール 2017イン 曽爾」を開催しました。 このサマースクールは、曽爾村との包括連携協力協定に基づいて行われたものです。本学が推進する、優れた教育実践力を持つ理数科に強い教員の養成を目的とした理数教育プログラムに参加する学生や教員が、理科・数学(算数)実験を中心とした特別授業を行いました。

サマースクール2017イン曽爾の詳細

観察博士になっちゃおう!
虫とり
川の水質調査

どれが早く転がるかな?比べて調べよう!
鉛筆に電気が溜まる!?鉛筆蓄電池を作ろう!
身の回りに潜む多面体って?           

不思議な折り紙、たたみかえ六角形で遊ぼう!!
大事なのは(カエルの)見た目じゃなく(カエルの)中身
天体観望会

 


8月18日(金)に地学実験室にてサマースクール2017イン曽爾の全体(5班)プレビュー発表会を実施しました。

  


理数教育研究センターは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)との共催で、高校生を対象とした素粒子サイエンスキャンプ「Belle Plus(ベルプリュス)」を開催しました。このキャンプは、KEKのBelle実験で実際に行われている最先端の研究活動を高校生に体験してもらうことを目的として、平成18年度より実施しています。11回目となる今回のキャンプには、全国から集まった高校生24名が参加しました。

キャンプの中核となる実習では、Belle実験で使用されている粒子測定器や実験データなどを活用した以下の4つの課題を実施しました。
・Belleの実験データの中から粒子を探索する研究
・自作したワイヤーチェンバーを用いて宇宙線の降り注ぐ角度を測定する研究
・宇宙線(ミュー粒子)の速度を測定する研究
・ Belle実験で観測可能な現象の理論的研究

<参考>
Belle Plus (ベルプリュス):http://belle.kek.jp/b-camp/
Belle実験グループ:http://belle.kek.jp/welcome/
Belle II 実験グループ:http://belle2pb.kek.jp/
高エネルギー加速器研究機構:https://www.kek.jp/ja//


8月4日(金)、7 日(月)の予定で、奈良県五條市教育委員会との連携のもと、五條小学校を会場とした「第2回サイエンス・スクールin 五條」を開催しました。
この活動は、理科や数学(算数)の専門家による様々な実験・演習や体験活動を通し、児童・生徒の理科や数学(算数)に関する興味・関心を高める事や現職教員の方々の参加によって普段の学校での実験授業の参考にしてもらうことを目的としています。会場の五條小学校の教室やグラウンドでは、子供たちの真剣なまなざしと歓声に包まれました。
8月7日は、4日の成果を踏まえて実験装置の改良など直前まで準備に万全を尽くしましたが、台風による警報発令のために中止となりました。この日に参加予定の児童・生徒の皆さん、本当に残念でしたがまたの機会に是非、参加してください。
4日午後は、五條市内の小・中学校の先生方の理科実験への様々な課題に対して、指導・助言を中心とした議論を行いました。 また、7日は中止決定後、教育委員会と今回のサイエンススクールの反省会を実施し、教育委員会・大学連携の有意義な時間を持つことができました。
全体を通じて本学の学生たちもサポーターとして参加し、実験助手を務めたり、子供たちへの支援を行ったり、議論に参加したりと活躍し、特に現職教員の方々からは教育現場の実態に即した貴重な助言を頂きました。

  

  

  

題目:川の水質を汚すものは何か?
講師:藤井智康教授
普段、食事などで出される「みそ汁」「めんつゆ」などを生活排水として河川に流した場合、魚が棲める環境にするためにはどのぐらい希釈が必要であるかを調べました。希釈実験を行い、水質パックテスト(COD:化学的酸素要求量)を行いました。この結果から家庭排水が河川の水質にどれだけ影響を及ぼすか考えました。

  

  

題目:飛べ!ペットボトル・ロケット!
講師:松山豊樹教授
ロケットはどうして飛ぶんだろう?まず、室内用にセッティングしたペットボトル・ ロケットの打ち上げ実験装置で飛行のしくみを学びました。そのあと、自分のペット ボトル・ロケットを一人一人が工夫を凝らして作りました。そして、グランドで大空 めがけて思いっきり打ち上げました。

  

  

題目:不思議な折り紙、たたみかえ六角形で遊ぼう!!
講師:釣井達也特任准教授
たたみかえ六角形は、見た目には表と裏の2つの面があるように見えますが、実は表と裏の区別がない図形です。実際にたたみかえ六角形を作成して遊ぶことで、表と裏の区別のない世界で起こる不思議な現象を体験してもらいました。

  

  

題目:音を見る・クラドニ図形の世界
講師:常田琢准教授
音叉や即製の楽器を使って、ものが音を出す仕組みを体験的に学びました。金属板の 縁をバイオリンの弓で弾くと、甲高い音を発します。板の振動が音を作り出すので す。振動のしかたを調べるため、板に砂を撒いて振動で飛び跳ねさせる「クラドニ図 形」の方法を用いました。砂が描くシンメトリーパターンに見入ってしまいました。

  

  


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 62 »