奈良県立奈良高等学校主催の「令和2年度まほろば・けいはんなサイエンスフェスティバル」に、センターの教員5名が講評者として参加しました。サイエンスフェスティバルでは例年、奈良県,大阪府,京都府のSSH連携校が一同に会し、探究活動の成果をポスター形式で発表しますが、今年度は新型コロナウィルス感染症の影響により、Web上での開催となりました。11 月7日(土)より 14 日(土)までの期間にWeb上に公開された各校の探究活動のポスター、発表要旨(及び動画)に対して教員よりコメントを送付しました。 また、センターの片岡教員と小川教員は11月13日(金)に開催された「オンライン講評会」に参加し、取り組みに対する全体的な講評と今後に向けた課題について意見を述べました。

  


9月30日(水)にSST認定証授与式を行いました。

  

  

 


8月25日(火)に新理数2回生第4班が化学実験室にて2回目の模擬実験を行いました。

  

  


新型コロナウイルス感染症の流行のため、学外連携活動が全てスットプになってしまいました。そんな中、新理数教育1(新理数教育2)では、いつ再開されても良いように、学外向け授業の準備を進めています。特に本プログラムでは、理科はもちろんのこと数学(算数)分野でも実験を取り入れた授業を推奨しており、リモートによる非対面型授業では、実施に大変な困難を伴います。それでも工夫を凝らして、非対面型、非対面/対面ハイブリッド型の授業開発を行っています。
その一環として8月13日(木)に新理数2回生第4班が化学実験室にて酸とアルカリをテーマとした模擬実験を行いました。

  

  

今後、他の班の模擬実験もスタートし、完全リモートやハイブリッド対応の模擬実験を授業研究し、非対面時の実験を含む授業の開発を行って行きます。


5月7日(木)からの授業・ゼミ等は、原則、「非対面授業」により実施することとなったため、5月12日(火)に実施を予定していました「新理数プログラム説明会」は中止となります。
つきましては、下記の「新理数プログラム履修の手引き SSTコース、SSTベーシックコース」(新入生オリエンテーションにて配布済)、「新理数プログラムリーフレット」を確認して下さい。
新理数プログラムの履修登録は、「新理数基礎ゼミナール機廚陵修登録をもって代えさせていただきます。
また、数学教育専修及び理科教育専修以外の専修所属の学生が下記教科を1回生で履修する場合は、5月15日(金)までに、nesm@nara-edu.ac.jp までメールで連絡してください。(学籍番号、氏名、授業名を必ず記載する事)
SSTコース:物理学概論機κ理学概論供Σ蹴愕杵性機Σ蹴愕杵性供Σ蹴惻存
SSTベーシックコース:物理学概論機κ理学概論供Σ蹴愕杵性機Σ蹴愕杵性

新理数プログラム履修の手引き(SSTコース)

新理数プログラム履修の手引き(SSTベーシックコース)

新理数プログラムリーフレット

不明な点がある場合は、下記アドレスに問い合わせをして下さい。
nesm@nara-edu.ac.jp


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 77 »