「サイエンスチームなら」科学研究実践活動発表会(令和3年2月11日)

2月11日(木・祝)に奈良県立教育研究所にて「サイエンスチームなら」科学研究実践活動発表会を実施しました。この発表会は県内の中学校、中等教育学校、高等学校及び特別支援学校における科学研究実践活動の振興を図るとともに、生徒の科学に対する興味・関心及び、探究的な活動に関する技能・表現力を高めることを目的としています。新型コロナウィルス感染症拡大防止に留意しつつ、活発な議論や研究交流が行われました。 中学校2校、高校5校が参加し、8件の口頭発表と5件のポスター発表、2件の動画による発表を行いました。本センターから参加した片岡特任准教授、常田准教授、小川特任助教の3名が各発表に対して講評を行いました。
※本事業は、令和元年度学長裁量経費「奈良県の中高生による科学研究実践活動支援プロジェクト」の支援を受けて実施しました。